運行管理システム

T-MAS

システム概要

T-MAS™(Transport Management System)は、建設現場の安全・効率的な車両運行管理を実現するシステムです。本システムは、環境省中間貯蔵事業において、除去土壌等の輸送管理を行った実績のあるベースエンジンを用いて、一般的な建設現場用にカスタマイズしています。本システムの活用により、現場の資材運搬車両などによる渋滞状況の監視・緩和が実施できるとともに、輸送の効率化・最適化安全・安心な現場の創出などが実現できます。

SOLUTIONS

ソリューション

お困りごと

  • 現場周辺にて運搬車両等が渋滞すると、一般交通への影響や工事の効率化の観点で問題となる
  • 荷積みから荷卸しまで、個数管理や安全管理が総括的にできるシステムがないだろうか
  • 業者別の運搬・搬入出来高の集計が大変だ

ソリューション

  • 運搬車両の走行履歴情報(位置情報)をトレースし、道路の渋滞状況を把握でき、渋滞回避する運搬ルートを検討できます
  • 荷積みから荷卸しまでデータベース管理され、検索や集計ができます
  • 業者別の運搬・搬入出来高を自動集計し、各種帳票に出力します

FEATURES

機能紹介

情報登録と管理用QRコード発行

運行車両、運転手、積み込む資材等の情報を予め登録し、資材に付けるための管理用QRコードを発行します

アプリによる運行とGPSの連携

専用アプリを入れた端末は、荷積み・荷卸し時にQRコードを読み取らせ、運行時に車載ホルダーに設置します

リアルタイムの運行状況把握

リアルタイムで運行車両の位置や資材の荷積み・荷卸しの情報を把握でき、運行時の急減速発生状況も確認できます