スマホ用バスロケーションシステム

SubTour-Z

システム概要

SubTour-Z(スマホ用バスロケーションシステム)は、バス利用者の安全・安心と、事業者の運営効率を高める、バス情報リアルタイム管理ウェブアプリです。スマホにアプリをインストールして使用できるため、専用機材や整備が必要ありません。

SOLUTIONS

ソリューション

お困りごと

  • バスの遅延や発着の問い合わせが多い
  • バスの遅れ状況をお知らせしたい
  • 低コスト・簡単操作のバスロケーションシステムを導入したい

ソリューション

  • バス利用者、ご家族が運行状況を確認できます。
  • 運行実績データはダイヤ見直しにも利用できます。
  • バスの遅れ状況を手元の携帯・スマホで確認できます。
  • ドライバーは画面を1回タップするだけです。

INTRODUCTION

システム特徴

設置カンタン

車載端末は、スマホにアプリをインストールするだけで、特別な専用機材は不要です。

操作手間なし

ドライバーは、運行前にスマホを1回タップするだけです。

運行ダイヤ見直し可能

路線ごとの運行状況を可視化し、蓄積した運行実績はダイヤ見直しに活用可能です

好評の導入実績

バス会社や自治体に導入実績があり、山形県酒田市では新聞やテレビにも取り上げられています

FEATURES

機能紹介

移動中のビューポイントを自動でお知らせ

観光バスご利用者様にうれしいバスガイド機能です。音声読上機能や、街歩きナビ機能も用意できます。

次の目的地までの時間や休憩場所出発時間等を表示

観光バスご利用者様にうれしいバスガイド機能です。到着・出発時間の確認などがスマホでできます。

休憩場所でのお客様の乗車確認を自動化

ドライバー様にとって手間のかかる目視のカウントも、利用者がスマホまたは専用カードで車載端末にタッチするだけで、乗車確認できます。

バスのルートと現在地ご案内

車内でQRコードをかざすと、バスの現在位置や路線情報を確認できます。

送迎バスの到着時刻予測(宿泊施設向け)

特定地点を送迎バスが通過したことを宿泊施設にお知らせし、お迎えの準備ができます。

降車場所のお知らせ

複数の宿泊施設をバスが通過する場合、アプリで降車場所を事前に登録することで降車のタイミングをお知らせできます。

スマホで簡単ドライブレコーダー

バスの走行情報を管理端末でリアルタイムに確認できます。さらに、蓄積したデータを集計し、安全管理に活用できます。

バス予約支援システム

バス利用者から電話で受けた予約情報を紙に書いてドライバー様にFAX等を送信する代わりに、タブレットに入力することで情報の整理と伝達が自動化されます。