スマホ用ドライブレコーダーアプリ

Safety Eye®

システム概要

Safety Eye®は、交通事故やヒヤリハット発生時の前方動画を記録し、ドライブレコーダーとして機能するスマホアプリです。スマホのGPS機能を活かしたリアルタイム管理となります。通常時には位置情報を定期的にアップロードしています。衝撃感知時には、予め登録したメールアドレスに、ユーザーID、発生時刻をお知らせするメールを配信いたします。管理者様のPCでは、最新情報をいつでもご利用いただけます。

SOLUTION

ソリューション

お困りごと

  • 運転者(社員)の交通事故が減らない。
  • 車両の位置をリアルタイムで把握したい。
  • データを集計し、事故やトラブルの原因を明らかにしたい。

ソリューション

  • 管理者PCでは、事故に至らないヒヤリハットを集計・統計処理することができ、社員の安全教育、ひいては事故減少に繋がります。
  • 事故危険区間や、ルート選択ミスの多い場所を予め指定し、ドライバーに音声で注意喚起できます。
  • 管理者PCでは、ヒヤリハット発生時の動画を再生できます。
  • 現場の状況を動画ですぐに確認できるので、トラブル対応が容易になります。

INTRODUCTION

システム特徴

スマートフォンを車載フォルダーに設置するのみで、設置工賃不要

  • スマートフォンがドライブレコーダに変身
  • 工賃不要で、普通車、商用車、ワンボックス車などに設置可能
  • 事故、ヒヤリハット発生時の記録映像とメールをリアルタイムに送信します
  • 送信されたデータは、クラウド上で管理されます

管理者PCでは、ヒヤリハット発生箇所が地図上に表示

  • 管理者様のパソコンでは、リアルタイムでクラウドサーバーからデータをダウンロードし、ヒヤリハット発生地点が地図上に表示されます
  • 走行時間、走行距離、平均速度、最高速度、急ブレーキ回数の月別集計等ができます

ヒヤリハット発生時動画は、再生・停止・スロー再生が可能

  • 管理者様のパソコンで、ヒヤリハット発生時の動画が、再生表示されます
  • スロー再生、停止などが可能で、状況の確認ができます

お客様の「安全・安心」をサポート

  • 交通事故処理の迅速化をサポートします
  • 事故に至らないヒヤリハット情報についても、集計・統計処理することで、危険情報(リスク情報)をマネジメントできます
  • 安全運転のためのPDCA活動をサポートします

FEATURES

機能紹介

ドライブレコーダー機能

  • 急減速発生日時、発生地点の情報収集
  • 危険挙動種別の情報収集(前後急減速度から急アクセル、急ブレーキを判定)
  • 危険挙動映像の再生

事故情報管理機能

  • 交通事故多発地点と危険挙動多頻度箇所の分析
  • 危険挙動の集計(支社別、個人別、週・月・年単位の推移)

安全運転解析機能

  • 急アクセル、急ブレーキ、走行距離、平均速度を日次、月次で集計
  • 安全運転の評価・自己診断への活用

動態管理機能

  • 車両位置(災害時にも活用)の情報収集
  • 位置情報を定時送信、複数車両の現在地を確認
  • 走行履歴の収集
  • 走行履歴情報の集計(利用頻度の高い道路・経路の把握等)