平常時は『Knavi観光』として活用可能!

地域に滞留する多くの人の避難を、より早く、より安全に

  • 我が国では、南海トラフ巨大地震や首都直下地震など、今後も大規模な地震・津波が予測されています。
  • いつ発生するかわからない災害に対して、被災すると想定される地域では、居住者や就業者、観光客などの来訪者が、安全に避難できるようにするための対策が求められています。
  • 特に、地理不案内の観光客に対して、避難所の情報を発信するスマホアプリを提供することで、旅行者の安全・安心を向上することができます。

緊急地震速報等を受けてアプリが自動起動

  • 緊急地震速報や津波警報発令時などに、観光客を避難所に案内することが可能となり、安全性をPRできます

アプリ利用者の行動データが把握できます

  • 「Knavi防災」利用者の位置情報がクラウド化され、管理者パソコン側でリアルタイムに閲覧可能です。(利用許諾に承認していただいた方のみの情報)
  • 何分後に避難所に移動できたか、避難に時間を要している地区はどこか、等の情報が管理者側パソコンで把握できます

「避難訓練」に活用することで、避難上の問題・課題が明確になります

  • 当アプリを避難訓練に活用すると、避難開始までの所要時間や移動ルート等の実態が把握でき、避難に際し、時間のかかる地区などの問題・課題が明確に把握できます。
  • 浮かび上がった問題に対する対策を、避難計画に反映したり、避難教育につなげたり等、地域の防災力向上に貢献することが期待できます

仕様詳細

Knavi防災
対応OS Android2.3以上
寸法 / 質量 各スマートフォン端末のメーカ仕様に基づく
カメラ / 解像度各スマートフォン端末のメーカ仕様に基づく
GPS 各スマートフォン端末に内蔵
移動中(アプリ起動中)は約5分間隔で位置情報を取得
アプリ案内内容 現在位置情報、避難所の地図上表示、避難所のリスト表示、避難所への交通手段別経路検索、避難所へのナビ
記録時間 アプリ起動中の約5分間隔の位置情報
記録情報 使用者の属性情報(性別、年代)
 ※使用許諾に基づく
移動履歴(位置情報:約5分間隔)
 ※使用許諾に基づく
記録媒体 記録媒体不要(通信によりリアルタイムに送信)
 ※スマートフォン本体に一時的にデータを保存
電源 スマートフォンの電池で、およそ○時間程度稼働
Knavi防災の管理システム
対応OS Windows2000、Windwos XP(32bit)、Windows Vista、Windows 7
 ※Windows 7推奨
CPU Intel Core 2 Duo以上 ※Intel Core i以上推奨
RAM 1.5GB以上 ※2.0GB以上推奨
その他必要ソフトMicroSoft Office2002以上
 ※MicroSoft Office2010以上推奨
画面解像度
接続回線 100Mbps以上推奨
背景として 数値地図、電子国土Web、GEOSPACE(NTT空間情報)
利用可能な地図
管理情報 【当日(リアルタイム)】
 個人別の移動履歴(ルート、現在地)
【翌日以降】
 期間・避難所別・移動手段別の避難行動状況、
 避難所別・移動手段別の所要時間

ページの先頭へ戻る