KCSについて

KCS(株式会社ケー・シー・エス)は、持続可能な活力ある社会の維持に向け、地域のグローバル化・地方創生、多文化共生の取組として、都市・居住・地域公共交通の適切な再構築、安全・安心の確保等の計画及び事業の推進、ICTソリューションの提供によりスマートな社会・まちづくりに貢献します。

KCS

PS事業部について

PS事業部(プロダクツ・ソリューション事業部)は、ICT(情報通信技術)、ITS(高度道路交通システム)、ビッグデータ、ウェブアプリ、経済分析をはじめ、最先端技術に特化した部署です。安全・安心な社会形成に向けて直面する問題・課題に対するプロダクトとソリューションをお届けします。

PS

WORKS & PRODUCTS

業務分野と製品

PS事業部の業務分野

まちづくり・地域経営

経済波及効果分析ツール、47都道府県間産業連関表の研究開発など、まちづくりの経済評価を実施するためのデータベースの整備とソリューションを提供しております。また、周遊観光支援アプリの開発等で、観光政策の支援を行っております。

安全・安心な国土・社会形成

交通安全対策の分析、スマホ用ドライブレコーダアプリの開発、災害時避難支援アプリの開発大規模災害時の経済被害想定分析、産業・企業のサプライチェーン被害分析、防災・減災施策の費用便益分析手法の研究を行っております。

ヒト・モノの動きに関する研究開発

道路交通に関するプローブデータの集計解析ソフトの開発、クルマやヒトの動きを動的に可視化するソフトの開発、各種ビッグデータによる解析・分析、災害時の緊急物資輸送に関する分析を行っております。

PS事業部の製品

PS


PS事業部には、お客様にニーズに対応できる豊富な製品・サービスがございます。ぜひお役に立たせてください。

NEWS

お知らせ

  • 2018/09/29(土) 第43回土木情報学シンポジウムでの発表
      2018年9月27日~28日に開催された「第43回土木情報学シンポジウム」にて、当社関連関連タイトルを発表させていただきました。1)スマートウォッチを用いた建設現場のヒヤリハット検出の試行に関する研究2)建設現場の安全管理に向けた人物識別の試行に関する研究当社では、発表させていただきました基礎技術を活用し、建...
  • 2018/09/13(木) 弊社のバスロケーションシステムのTV・新聞紹介
      弊社のバスロケーションシステム「SubTour-Z™」は、本年度、山形県酒田市役所様へ導入させていただきました。同サービスは、自治体として山形県内初の試みであることから、庄内日報やさくらんぼテレビにて取り上げていただきました。SubTour-Z™は、スマートフォン車載器を利用した安価で柔軟性の高いサービスとなってお...
  • 2018/05/08(火) アジア太平洋地域ITSフォーラム・アイデアソンでの講演
      弊社プロダクツ・ソリューション事業部のNontachai Tithipongtrakulが、「第16回アジア太平洋地域ITSフォーラム(2018 福岡)」の一環である、「ITSアイデアソン」の5月7日のオリエンテーションにて、ITSに関するレクチャーを行いました。視聴者は、世界各国から約100人の学生でした。
  • 2018/02/05(月) 草津白根山噴火による観光被害額の推計(速報)
      2018年1月23日に発生した草津白根山噴火に伴って観光客の宿泊予約キャンセル等が発生し、観光分野での経済被害が出ているという情報が様々な報道機関で報じられています。当社では、これらの報道を参考にして、火山噴火に伴う風評被害による観光分野での被害額(負の経済波及効果)を当社の産業連関分析ツールを用いて推...
  • 2017/10/22(日) 学会での研究成果発表(環太平洋産業連関分析学会)
      弊社プロダクト・ソリューション室のTITHIPONGTRAKUL Nontachaiが、環太平洋産業連関分析学会にて、最新の2011年産業連関表データをもとに推定した全国47都道府県間産業連関表を発表いたしました。2011年の全国47都道府県間産業連関表の作成は、国内初となり、産業・経済構造・交易構造の分析、新幹線や幹線道路の整備効...