経済波及効果分析ツール

ATENEV®

システム概要

ATENEV(Advantageous Tool for Economic Effect Evaluation)は、地域政策の策定や数値目標の設定にあたって、あらゆる分野の経済波及効果をシンプルな操作で算出できるウェブアプリです。産業連関表、経済センサスのデータ、観光統計データ等が内装され、産業連関分析の手法を用いて経済波及効果を計算します。お客様は、経済評価を行いたい項目に数値(人数、金額など)を入力するだけで、経済波及効果(生産額、所得、雇用の増加など)がリアルタイムに表示されます。

SOLUTIONS

ソリューション

お困りごと

  • 想定した政策の経済効果を確認しながら計画を立てたい。
  • 都道府県と市町村の連携を考慮できる経済評価ツールがほしい。
  • 民間委託ではなく、自分のところで経済評価する機能を持ちたい。
  • 産業連関分析をやってみたが、難しすぎて実用までいかない。
  • 政策のアウトプット指標をアウトカム指標に変換したい。
  • 市区町村などの小地域でも、政策による経済効果を評価したい。

ソリューション

  • 全データの作成、計算の自動化により、人数、金額などを入力するだけで簡単に操作できます。
  • 経済波及効果(生産額、所得、雇用の増加など)のリアルタイム算出により、複数案の効果確認ができます。
  • 最先端の方法で地域連携を考慮した経済評価ができます。

INTRODUCTION

システム特徴

様々な分野で経済評価が可能

  • 観光施策の効果分析
  • 観光客誘致の計画立案
  • 企業立地促進施策の比較分析
  • 企業誘致施策の計画立案
  • 災害時における経済被害波及分析
  • 観光の風評被害における経済分析 …等々

豊富な導入実績

ATENEVは、大田区(東京都)、千葉県、長井市(山形県)、宮古市(岩手県)、須賀川市(福島県)、階上町(青森県)などの官公庁のお客様によりご導入いただいています。また、カスタマイズの例としては、長井市様のATENEVでは、産業連関表の作成やアンケート調査の実施による市独自のデータを基に、ATENEVの標準機能に加え、プレミアム付商品券による経済効果の算出機能も実装されています。

市区町村での経済評価も簡単

  • 市区町村などの小地域でも、地域特性を考慮したデータを推定します
  • 推定したデータをATENEVに実装することで分析が可能です
  • 地方版総合戦略の策定や数値目標の設定にあたって、お役に立ちます

直感的でシンプルな操作性

操作画面では、数値入力や項目設定と同時に経済波及効果が表示されるので、数値の変化を直観的に確認できます。さらに、操作画面や内部のデータ等は、ご要望に応じてカスタマイズ可能です。

FEATURES

機能紹介

カスタマイズ可能な分析機能

操作画面では、数値入力や項目設定と同時に経済波及効果が表示されるので、数値の変化を直観的に確認できます。さらに、操作画面や内部のデータ等は、ご要望に応じてカスタマイズできます。下図は、観光客誘発、集客施設、企業誘致施策、建設需要による経済波及効果を算出するATENEVのカスタマイズの例です。